先進モビリティ・マネジメント:Static~Dynamicへ時空間情報の解析


東北大学大学院情報科学研究科 人間社会情報科学専攻
人間社会計画学講座 空間計画科学研究室
URL: http://www.plan.civil.tohoku.ac.jp/kuwahara/
教授 桑原 雅夫
准教授 井上 亮
特任助教 金 進英
研究員 大畑 長

kuwahara

先進モビリティマネジメントに関する研究
渋滞・環境・事故・災害などの諸問題の解決や,より高度な交通体系の実現のために,観測データに立脚した理論研究,実証研究を展開しています.時々刻々と変化する交通現象を「ダイナミック」に解析して,現象の本質を明らかにします.
従来から使われてきた車両感知器に加えて,GPSと通信機能を備えたプローブ車による情報,画像や路側センサーによる情報等,様々な情報が利用できるようになりました.しかし,これらの情報は散在しており,十分に活用するまでには至っていません.本研究室では,多様なセンサーデータを融合活用する研究をしています.
また,このような多様なデータを活用しながら,いくつかの実用的な研究も展開しています.環境に優しい持続可能な信号制御,交通需要管理,ITSなどによる先進モビリティマネジメントの研究,さらにマネジメントの効果を評価するツールである交通シミュレーションおよび周辺技術の開発なども手掛けています.

時空間情報の解析・可視化・提供手法の開発
統計情報の有効活用を目指す政府の施策推進,測位技術普及による詳細位置情報の取得可能性増大,情報通信技術の発展に伴う情報流通円滑化により,空間位置や時間と関連づけられた多くの情報を利活用できる環境整備が進んでいます.これらの情報は,国土や地域・都市の過去から現在に至る道筋を記録してきており,地域のあるべき姿について市民が議論し合理的な意思決定を下す上で基盤となる重要な情報です.本研究室は,「市民が時空間情報に基づいて地域の現状を把握できる」環境の整備を通じて,より良い国土・地域・都市づくりへと貢献できるよう,時空間情報の解析・可視化・提供手法の開発に取り組んでいます.

主要業績

  1. 交通シミュレーション適用のススメ.[(社)交通工学研究会,(2004)]桑原雅夫(共著)
  2. カルトグラムの作成手法と応用可能性 -統計GISの発展と利活用に向けて-.[土木計画学研究・論文集,25(1),(2008),1-15]清水英範,井上 亮