ドライビングシミュレータを用いた逆走対策実験の報道公開を行いました

 

2016年1月27日に東北大学未来科学技術共同研究センター(担当:山邉(山辺)准教授)と国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所が連携して、ドライビングシミュレータを用いた逆走対策走行実験を三陸沿岸道路の河北インターチェンジをモデルケースとした誤進入対策の検証、効果評価、主観評価(アンケート)などの実験を報道公開いたしました。

この様子は、
【テレビ】2016年1月27日
●NHK(総合)18:18-   「てれまさむね」
●TBC東北放送 18:19-  「Nスタみやぎ」
●ミヤギテレビ 18:15-  「every」
●東日本放送 18:24-    「スーパーJチャンネルみやぎ」
●仙台放送 18:20-      「みんなのニュース」
で放送、
【新聞】2016年1月28日付
読売新聞 朝刊31面
河北新報 朝刊27面
で紹介されました。

IMG_5350

20160127_2

オートモーティブワールド2016に出展しました

 

2016年1月12日から15日に東京ビックサイト(東京国際展示場)で行われたオートモーティブワールド2016に次世代自動車宮城県エリア/東北大として出展いたしました。

今年は、産官学連携で取り組んでいる三輪自転車「トライク」の現物展示をしました。

トライクは、高齢者を対象とした倒れにくい自転車かつシニアカーの要素を併せ持った新しいモビリティであり、自転車のペダル走行、アシスト走行とシニアカーの電動(EV)走行の3WAY走行ができます。

さらに、東北大と仙台市と共同で取り組んでいる国家戦略特別区域「仙台市ソーシャル・イノベーション創生特区」のパネルや宮城県を代表とする企業のパネル展示を行い、多くの方に関心を持っていただきました。

20160112